札幌の医療機関で行った刺青除去

札幌の医療機関で刺青除去をすることに

ホクロ・イボ | 美容皮膚科

札幌にある医療機関で相談をして、長年の悩みになっていた、刺青除去の治療をすることにしました。
私のやったのは近年話題のレーザー治療での助教ではなく、皮膚を切り取り縫って仕上げる手術であり、それは一本の傷となって肌に残ることになります。
仕上がりを見て感じるのは、まるでガラスで切り傷をつけて傷跡が残ったような状態であり、この先の人生でも傷跡は残ることになりますが、もう刺青の状態ではありません。
おしゃれのつもりで入れた刺青は、手術で形状を変えて、この先の人生でも残ることになったのです。
肌は何も傷もシミもない方がいいですし、肌に傷を入れてしまうというのは、なにかの影響を受けるということがしばしばあります。
自分のいる環境やメディアの影響力などですが、そこには人間のレベルや世の中のお金というビジネスも関わります。
その中で何が正しいことなのか、自分で見極めていく必要がありますが、それができないというのは心の弱い人間だからというよりも、それだけ今の世の中は心を惑わすことが多いわけです。

札幌の医療機関で刺青除去をすることに | 努力をしない人間に未来はない | 痛かったけど心機一転